家事代行のプロが使う家事効率アップのテクニックとは

家事代行のプロが使う家事効率アップのテクニック

頭の中にいつも調理時間

準備をきちんとしておくことが家事を円滑に済ませるコツです。 家事で料理の配分も大きくても、メイン料理の材料をすべて並べて始める動線効率の良さが決め手です。 調味料も手元に置くことで、的確に料理を完成させます。 材料の煮過ぎや焼き過ぎによる失敗がないのが、美味しい秘訣です。

スムーズな調理

週末など、少しでも時間がある時を狙って下ごしらえタイムです。
手際良く料理するためには、あらかじめの計画も必要です。
翌週の献立を大まかに決めたら、材料を書き出すなどして、買い物をする日に合わせて準備しましょう。
レシピに合わせた人数分の材料や、下ごしらえして冷凍しておけるもの。
副菜として数日保存可能なものはパックしておくなどです。
家事の時短に好都合です。
1週間以内には献立のトレード可能なので、考えておくだけでも楽で、時間とお金の節約にもなります。
野菜や肉や魚なども、スーパーの特売でいつも買う量より多少多くなりまとめて買っても、使い易いようにカットしたり下ごしらえして小分けにし、ジッパー付きの保存袋などに入れて冷凍保存できれば、時短には最適です。
材料を使い易くストックしてあれば、思いつきやバランスで献立に料理一品追加も可能です。
手間要らずの時短でも、創造性のある食卓になります。
朝ご飯の準備の時に夕食用の野菜炒め用の材料をカットしたり、冷凍品の自然解凍をするため冷蔵庫に入れておけば夕食には使えて、下ごしらえするのも便利です。
真空調理鍋などを使えば、朝のうちに材料をカットして20分程度煮てそのまま夕食まで放置するだけでカレーやシチューなどの煮込み料理も、肉が柔らかく野菜が煮崩れせずに美味しくでき上がり助かります。
電子レンジを使って、下茹でする時間を短縮すれば合理的に時短調理ができます。
最新家電製品を使ったり、まとめて作業することで、鍋や調理器具の洗い物の量も減ります。

いつもキレイの連鎖

キッチンのシンクの排水溝や生ごみの三角コーナーのヌメリが気になる人も多い。 毎日就寝前に、漂白剤や除菌洗剤などをスプレーしておくだけでもヌメリはありません。 食器用スポンジの替えるタイミングに、シンクの掃除全般を液体クレンザーなども使用してキレイにすれば、新品同様に汚れも最小限です。

洗濯でスッキリ

洗濯物はバスタイムに脱いだ衣類を夜の間に洗濯機にセットしてタイマーをかけたら、朝は干すだけです。 起床時間に合わせて、自分の家事時間が効率よく動き出します。 天気予報で雨が心配な日も、日当たりの良い部屋に洗濯物を部屋干しできる準備があればいいですね。

TOPへ戻る