家事代行のプロが使う家事効率アップのテクニックとは

家事代行のプロが使う家事効率アップのテクニック

頭の中にいつも調理時間

適切な調理時間を守る

調理することにおける時短は、冷凍品の解凍や、調理する時間を守ることが近道です。
時間構成で、食材の美味しさも保たれ、味のしみ具合や焼き具合もバッチリです。
コンロやフィッシュロースターなどのタイマー機能で時短。
イモ類は約20分煮れば良く、それ以上は煮崩れすることもあります。
魚類もフィシュロースターで約15分焼くのが目安です。
手間を省くために、料理キットやカット野菜を使うこともできます。
料理キットは、献立から考えずに済み、調理の手間やゴミも出ず、調理用具の洗う手間もありません。
忙しい日に使うのも悪くはありません。
パックされたカット野菜を購入するのも、野菜をカットする手間が省け、野菜や調理道具の洗う手間もなく、ゴミも出ません。
南瓜などの皮の堅い野菜など、包丁で切るのが苦手な人にも便利で役立ちます。
彩りのグリーンピースやコーンの冷凍野菜を買って保存しておいても安価で使い易いです。

保存の半製品作りで自分の味

ブロッコリーなどの野菜も、買ってきてすぐにカットしてまとめて茹でて、使わなかったものはジッパー付きの保存袋に入れて冷めてから冷凍できます。
ひき肉料理も、ミンチは炒めた玉葱やパン粉、卵などの具材を混ぜた状態で丸く成型して、大きさをハンバーグ用やロールキャベツ用やミートボール用などにしてくっつかないように冷凍保存しておくと、一度に冷凍半製品の複数種類が完成して使えます。
食器洗い乾燥機も、みんなが欲しい時短のための家電製品です。
油物の器を紙でふき取ったりは必要ですが、食器を洗ってくれて乾かすことができていれば手間がかかりません。
衛生的にも安心でき、お皿もツヤツヤです。
調理の最後にキッチン廻りを拭き掃除しておけば、衛生的にもキレイを保て長持ちします。


この記事をシェアする
TOPへ戻る