家事代行のプロが使う家事効率アップのテクニックとは

家事代行のプロが使う家事効率アップのテクニック

いつもキレイの連鎖

まとめて収納

掃除道具がすぐに取り出せると、掃除を後回しにせず、すぐ掃除をすることができ、時短ができます。
後回しにすると、一頻り考えを巡らせて、掃除をどのようにしようかなんて考えている間に時間ばかりが過ぎ、嫌になったり面倒になると、掃除の家事に対する全般のモチベーションも下がる一方なので、サッサと済ませましょう。
気分が乗ってくれば、その周辺も次々に目について、集中して効率よく掃除完了してしまいます。
達成感があるのも掃除の良いところで、毎日習慣にする、時間を決めてするなど、自分の感覚で維持することとコントロールすることも役に立ちます。
掃除道具は決まった場所に、取り出し易く収納することがポイントです。
スプレー洗剤とハンディワイパーと粘着クリーナーなどもまとめて収納しておきます。

掃除の達人

トイレ掃除を毎日できれば、家族みんなが気分がいいものです。
時短につながるのは家族の在宅者が多い分、トイレの使用回数も増え、汚れが重なるとこびりついてしまい、かえって掃除が大変だからです。
キレイであれば自分がトイレを使う時、その場で便器の掃除と床をひと拭きしておく習慣が可能になるかもしれません。
水跳ねなども処理しておくと、汚れやホコリの溜っているのが気になりません。
大掃除をする頻度も減ります。
クエン酸や重曹で掃除できます。
便器の黄ばみ汚れや黒ずみも、トイレ用除菌洗剤などで落とせます。
黒カビや尿による汚れや尿石をとかす成分の洗剤もあります。
トイレットペーパーに洗剤をしみ込ませて湿布したり、ブラシで汚れをこすり落としたりすれば、かなりキレイになります。
便器やタンクの陶器の艶がでていると満足です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る