家事代行のプロが使う家事効率アップのテクニックとは

家事代行のプロが使う家事効率アップのテクニック

洗濯でスッキリ

洗濯ネット

洗濯は洗濯機の予約機能を使うことで、効率化と時短が叶います。
家事の待ち時間を減らし、次の家事に取り組み易くなるのが助かります。
バスタイムで衣類を脱いだ時に、家族が個別に洗濯ネットに分別すると楽です。
泥汚れのひどい洗濯物は分けておいてもらいます。
靴下やハンカチやミニタオルなどの小物も、洗濯ネットに分けて入れておくと干す時にも、時短になります。
靴下はセットで合わせて内側を洗濯バサミなどでとめて干しておけば乾き易く、そのままのセットの状態でまとめて取り込め、洗濯物をしまって片付ける一連の流れが合理的になります。
ハンガーを利用して、干してそのまま取り込んで収納スペースに持ち込む作業の片付け方も、効率的です。
子どもの洋服も小さいので、ハンガーで干し、収納する時もハンガーのまま移して掛けるだけにしておくと、洋服を選ぶのも楽です。

嬉しい気持ちになる家事

自分で決めたとおりに家事を実践すると、嬉しい気持ちが抑えられません。
洗濯物を干す時にもコツがあります。
洗濯機から取り出す時に、干す時の手順を考えて先に干すものから順に揃えておくことが時短になります。
洗濯物によって干し方が変わるので、手間を省けて作業できます。
ハンガーにかけるものは洗濯機から取り出す際にかけて、靴下やハンカチ類の小物などは洗濯ネットで分けてあるので、ピンチハンガーで干す時にもまとめて順に干せます。
タオルなどの長いものをまとめて干すなど。
洗濯物を取り込むのが楽な仕様の専用ハンガーなどアイデア商品もありますので、自分の好みのものを探すと面白いです。
バスタオルやシーツ類も物干し竿に干して、朝の太陽の光を浴び白い洗濯物をはためかせながら、ドラマの女優さながらのポーズを気取ってみても、誰も探しに来ても見てもくれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る